家計が厳しい中でも教育費の確保は大事

昨今、日本でも収入格差が叫ばれています。
それにともなって、貯蓄額の格差も大きくなってきています。
日々の生活で手一杯、貯蓄に回せるお金は全くありません、という家庭があれば、収入は多くあるが使える時間が確保出来ずに溜まっていく一方という家庭もある、といったところでしょうか。
家庭に子供がいる場合、その子供がある程度の年齢になってくると教育費が必要となってきます。
義務教育のうちは、教科書代、制服代、などあまり大きなお金ではありませんが、高校、大学へと進学するとなると高額な金額が必要となってきます。
私立なのか、公立なのかによってかなり大きく変わってくる金額ではありますが、子供が小さなうちから教育費を確保しておく必要があります。
一般的には、子供が小学生までの間が勝負です。
その間に、出来るだけ多くの教育費を確保したいものですね。
今は、各保険会社から学資保険のプランがさまざま用意されていますので、そのようなものを利用するのもいいかもしれません。