日本の英語教育についてかんじること

私が、中学高校と必須科目である英語の教育を受けて感じることを書きたいと思います。
そもそも一番悪いと思うのは、習った英語がリアルな世界ではほとんど通用しない事実があるということです。
私たちが習っているのは、「受験英語」です。
それはつまり志望校である高校および大学の英語の試験で高得点を取るために勉強をしています。
英語圏で生活できる英語を身に着けるための勉強ではありません。
事実、高校生に観光案内の英語版を読ませたところでまったく理解できないでしょう。
受験英語に出てくる単語やフレーズは決まったような文句が多く、実際に使われているくだけた英語には対応できないからです。
また、教師の質の低さも関係があると思います。
高校教師で英検2級も受かっていない教師が半数以上いるという事実がどこかの調べでありました。
教えている教師ですら、英語が理解できていないし、しゃべることもききとることもままならないのです。
このままでは日本の英語教育は終わっているに等しいでしょう。